banner

入院したとき

交通事故で入院したときに発生する慰謝料

交通事故に遭って怪我をしてしまったときは、被害者は示談金を受け取ることが可能です。交通事故が解決するまでには、示談金の問題に直面します。

示談金の大部分が慰謝料になりますが、これは被害者が被った精神的な苦痛に対する賠償としてあてられるものです。
精神的な苦痛の全てが賠償の対象として認められる訳ではなく、交通事故のときは被害者が亡くなったり、傷害を負ったりしたときなどの人的な損害についてだけ賠償の対象に認められます。

人身事故に遭った被害者は、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料を受け取る事ができます。
入通院慰謝料は、交通事故で被害者が入院を強いられたり、通院を強いられたりしたときに、被害者が受けた精神的な苦痛について賠償をするものです。

交通事故により被害者が怪我をしてしまったときのは、痛みに長い間耐え続けなければならなかったり、リハビリテーションを受けなければならなかったり、通院する手間がかかったりする損害を賠償するものです。
慰謝料は、入院していた期間や通院していた期間、怪我をした部位や怪我の重さにより金額が決まります。

交通事故の入通院慰謝料は、自賠責保険と任意保険会社、裁判所でそれぞれ違う基準を使って計算しています。
自賠責保険は強制保険ともいわれ、正式には自動車損害賠償責任保険といいます。
自動車やオートバイを購入するときに強制的に加入することになる保険になります。

人に対する賠償だけが対象で、被害者が怪我をしたときや、亡くなったとき、後遺障害が残ってしまったときの賠償にあてられます。
加害者の救済に対してや、物に対しての賠償にはあてられません。
人身事故の必要最低限の保障をすることを目的にしているので、算出される金額は低くなります。

任意保険は自賠責保険では対象にならない賠償などを補うために作られた保険になります。
賠償する内容や保険料については保険会社や保険会社が提供しているプランによって違ってきます。
任意保険基準では各保険会社が自賠責基準を参考にしつつ独自の基準で金額を算出しています。

裁判所では裁判官の考え方や過去の判例をベースに計算するときに採用される基準で、様々な賠償を対象とするために最も高い金額になる計算基準になります。

後遺障害慰謝料は、後遺症が残ってしまったことが認められたときに支払われ、一級から十四級まである後遺障害の認定等級により金額が決定します。
また、交通事故による賠償金のおよそ七割が後遺症によるものです。

Copyright © 2017 交通事故で入院したときに発生する慰謝料All Rights Reserved.