banner

神奈川で一戸建て中古住宅

神奈川で一戸建て中古住宅を購入する際のポイント

一戸建て住宅は中古でも物件によっては高額となりますが、神奈川などの地価が高い地域では建物の価値が低くても土地の価格が高くなりなりますので購入費が高くなるのが普通です。

神奈川で経済的に中古の一戸建て住宅を求めるには、土地の価格が安いことが条件となります。

ですから神奈川の中でもできるだけ中心部から離れた地域を探すことがポイントになりますが、一戸建ての築年数を確認することも大切です。中古と言っても一戸建てには構造による違いがあり、耐用年数や耐震性能にも異なる点が多くなります。木造であれば比較的安く購入できますが、耐久性の問題があるため築年数が古いと長く住むことができない場合もあります。

神奈川の中心部では鉄筋コンクリート造の一戸建て住宅もありますが、鉄筋コンクリート造は耐久性が高く耐震性能に優れるメリットがあります。

築年数が経過していても購入後に長く住むことが可能ですから、コストパフォーマンスに優れる物件となります。しかし耐久性が高いといっても極端に古い場合には注意が必要です。新耐震基準に適合していない場合には耐震性能に不安がありますし、設計プランが古すぎるとリフォームやリノベーションにも支障を来す場合があります。鉄筋コンクリート造は木造のように構造体に手を加えることができませんので、水道や排水などの配管経路に自由度が無いとリノベーションでも自由な設計プランができなくなってしまいます。

販売価格だけを重視すると購入後に想定外の事態が出てくるため、購入を検討する場合には設計図を確認するなど建物の構造や状態をしっかりと把握することが大切です。

神奈川を含む関東地方では仲介手数料を取らない不動産業者が多くありますので、販売価格よりも仲介手数料無料を重視して選ぶことも良い方法です。一戸建て住宅を購入するには、購入価格の他にも税金や手数料など様々な費用が必要となってきます。

仲介手数料も負担の大きな費用の一つですから、仲介手数料無料の不動産業者を選ぶことも大切なのです。一戸建て住宅は築年数によって建物の価値が異なりますが、木造では20年を経過すればほとんどが土地の価格となってしまいます。

土地の購入は非課税ですから、販売価格の中の土地代金が占める割合が高いほど消費税も安くなります。また不動産業者が直接販売している物件ではなく、個人が仲介を依頼している物件の場合には消費税がかかりませんので、中古住宅選びの基準とすることが可能なのです。”

Copyright © 2018 厚木一戸建てが人気な理由はおしゃれと価格、夢のマイホームを安く建てましょうAll Rights Reserved.