banner

ガレージ付きの一戸建て

ガレージ付きの一戸建てを厚木で新築するには

一戸建て住宅は高額な新築費が掛かりますが、厚木などのように広い土地を求めることが難しい地域では、自動車の保管場所に困る場合があります。特にモータリゼーションの発達した現代では、1家に1台と言ってもいいほど自動車が普及していますし、自宅から離れた場所に自動車を保管する場合にはセキュリティの問題もあり安心できない状況が出てきます。

一戸建て注文住宅の新築では、注文設計により自由な間取りプランが実現できますが、厚木のように地価が高い地域ではガレージを別棟で新築できる土地の広さが確保できない場合があります。

もちろん高額な土地購入費があれば話は別ですが、高額な購入費となれば住宅ローンの借入額が不足するケースもありますし、自己資金を貯蓄するにも長い期間を必要とします。

別棟が困難な場合には、住宅と一体型のビルトインガレージを選択することが可能です。ビルトインガレージは一戸建て住宅の1階部分に車庫を設けることになりますので、1階のスペースが不足してしまいますが、その分は2階の間取りを工夫することも可能ですし構造によっては3階建て以上の設計プランとすることで対応可能となります。注文設計でビルトインタイプの設計プランにする場合には、購入する土地にも厚程度の条件が必要になってきます。

自動車が乗り入れできる間口の広さは絶対条件となりますので、間口が狭く奥行きが長い土地を購入する場合には、設計プランにもある程度の制限がでてしまいます。

厚木などの土地の面積が狭い地域では、土地の有効活用が必要になるため、土地の形状によってはビルトインタイプにはできない場合があります。

一戸建て住宅の基本は住む人の快適性や居住性が重要ですが、自動車の保管場所などの機能性も必要になってきますので、設計プランには一定のこだわりを持つことが大切です。一般に土地の制約が厳しいほどデザイン性に優れた一戸建てが多くなります。

俗に言われるデザイナーズハウスが良い例ですが、デザインの重視するのではなく、機能性や居住性、快適性を優先するために考えだされるのがデザイナーズハウスとなります。

厚木などの中心地には機能性も必要ですしデザインの良さも必要ですから、自動車の保管場所を確保するには注文設計でビルトインガレージを採用するのが良い方法なのです。

住宅と一体型となるため、別棟の場合と比べても排気ガスの処理ができる環境を整える必要があります。何の対策も施さない場合には、車庫の中でアイドリングができませんので、換気装置や開口部を多く設ける工夫が必要となります。”

Copyright © 2018 厚木一戸建てが人気な理由はおしゃれと価格、夢のマイホームを安く建てましょうAll Rights Reserved.