banner

過剰診療とは

交通事故の慰謝料に影響する過剰診療とは

交通事故の際に支払われる慰謝料はそれぞれの被害者が怪我を治療するのに要した期間をベースとして算出されることになります。1ヶ月で治療が終わったという人と1年以上の治療期間が必要になったという人では、慰謝料の額にもかなりの差が出てくる事になるでしょう。
ですがここで少々注意が必要なのが「過剰診療」という言葉です。

これは過剰な診療、つまり本来必要ではないのに病院に行って治療を受けていたということです。
例えば1ヶ月で治療が終わった人であっても何らかの理由を付けて病院に通うことは可能ですし、また「肩が痛い」などの理由で整骨院に行くと整骨院は快く診てくれることになるでしょう。

ですがもしその不調が交通事故によるものでなかったり、交通事故による怪我の治療は終わったのにそれに併せて別の体調不良も治そうとしていたというのであれば、保険会社としてもその分は過剰診療であるため慰謝料を支払うには相当しないという結論を出さざるを得ません。
さらにもしこの過剰診療に当たると判断されてしまえばその分の治療費についても受け取る権利が無くなってしまいますから、治療費に関しても自費負担となってしまう可能性があります。

さて、では交通事故の治療で過剰診療とされたという場合にはどうするべきなのかというと、ここで重要なのが「医師の判断があったかどうか」ということです。
まず基本的に保険会社としては治療費も慰謝料も保険会社が支払わなくてはならないお金なのですから、可能な限り少なくしようとしてきます。
これは会社として利益を追求しなくてはならない以上、避けられないことです。

そのため時折本来必要な治療でも過剰診療だと主張してくる事があるのですが、これを覆すのが医師の判断です。
もし保険会社が不要な診療だったと主張したとしても、医師が交通事故による怪我が原因となっているため治療は必要だったと判断したことを主張すれば過剰とは言えません。
そうした診断書が得られているのであれば、裁判などに持ち込むことで被害者側の主張を認めさせることが出来ます。

ただ実際のところ裁判になると解決までにはかなり時間がかかってきますから、基本としては弁護士を立てて保険会社と交渉をしてもらった方が良いでしょう。
保険会社としても弁護士が交渉を求めてきたとなれば相応の対応をしなくてはならないとして判断をしますし、負ける可能性が高い裁判を起こされることは避けたいと考えるはずです。

弁護士が交渉をすることで裁判にならずに主張がすんなり認められたというケースはかなり多いですから、もし保険会社などから診療の必要性について問われた場合は弁護士に任せることも考えてみましょう。

Copyright © 2017 交通事故で入院したときに発生する慰謝料All Rights Reserved.