banner

過失割合

交通事故では過失割合が慰謝料の金額に影響を与える

交通事故の慰謝料では、交通事故に関連する双方の過失の割合が重視されます。例えば、自動車と歩行者の交通事故では殆どの場合で自動車側の過失になりますので、自動車に乗っていた人は過失運転致傷などの容疑者として逮捕されます。一方で、自動車同時の交通事故であった場合には少し特殊で、どちらかどの程度の過失があったのかを事故にあった当事者同士がきちんと証明しなくてはなりません。

怪我の程度が大きかったとしても、交通事故の原因となった行動をとった本人に過失があった場合には、相手から大きな慰謝料を請求することが出来ません。そのため、客観的な証拠によって被害者に過失が存在しないことを証明しなくてはならないわけです。

では、過失割合に関して被害者が明確に過失がないと判断するための基準として採用される客観的な証拠とは一体何でしょうか。最もわかりやすいのが、監視カメラの映像です。事故現場の近くに監視カメラがある場合には、この監視カメラの映像によってどちらに過失があるのかを割り出すことが出来るようになります。もちろん、状況によって過失割合を決定することが出来ないほどの映像である可能性もあります。そのため、もっと確実な証拠として提供できるものがなくてはいけません。

近年では、過失割合を証明するための客観的な証拠品としてドライブレコーダーというものが採用されています。ドライブレコーダーというのは、自動車を運転している人が自動車の運転の風景を記録しておくための媒体のことを言います。一般的に、フロントガラスの部分につけることが多いですが、中には追突事故の危険性を回避するために後部座席側に付けておくこともあります。

ドライブレコーダーの優れている点は、鮮明な動画で交通事故の瞬間を記録することが出来る点にあります。仮に、被害者側に交通事故に関連する動画が記録されている時にはそれを保険会社に対してきちんと提出することによって被害者に過失がないことを簡単に証明することが出来るようになります。過失割合に関して被害者に過失がないとわかった時には慰謝料の請求金額が非常に大きくなりますので、慰謝料請求金額を大きくさせたい時にはしっかりとこうしたものを準備しておくことが重要です。

こうした過失割合に用いることが出来る証拠品は、日常的なリスクを回避するためにも使うことができるので大変便利です。身を守るための手段としても特にドライブレコーダーは浸透しつつあります。

Copyright © 2017 交通事故で入院したときに発生する慰謝料All Rights Reserved.